土日診療・夜8時までの内科・皮膚科

診療案内

内科

風邪、気管支炎、インフルエンザ、肺炎、胃腸炎、花粉症、喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、甲状腺疾患、骨粗鬆症、貧血など内科一般にわたる診療を行います。
高血圧、脂質異常症(コレステロール高値)、糖尿病、痛風、メタボリック症候群、動脈硬化症など生活習慣病をはじめとして、どこの科へいけばよいのかわからないという方もまずはご相談ください。
内科の治療法にはいくつかの選択肢がある場合もあります。
ご本人の全身の状況をみながら、ご希望を聞いて治療法を決めていきたいと思います。

皮膚科

皮膚疾患は、患者様ご自身でも見ることができ、その治療効果の結果も一目瞭然になることが多いため、診療に当たる医師には幅広い皮膚疾患の最新知識と経験が必要となります。
そして当院では、丁寧な問診ならびに視診、必要に応じて諸検査をしながら治療にあたります。

主な対象疾患
----------------------------------------
アトピー性皮膚炎
湿疹
蕁麻疹
水虫
イボ
たこ・うおのめ
ヘルペス
脂漏性皮膚炎
帯状疱疹
----------------------------------------

泌尿器科

泌尿器科は、腎臓、尿管、膀胱、前立腺など、「尿の産生から排尿までの尿路」(泌尿器)に関係する臓器を主な対象に置く診療科です。
部位として分けて考えられないことから、男性生殖器も診療範囲に入ります。
対象とする臓器の形態が男性と女性では大きく異なるため、前立腺肥大など男性だけの疾患もあれば、膀胱炎など女性に多い疾患もあるのが特徴です。

主な対象疾患
----------------------------------------
神経因性膀胱
前立腺肥大症
膀胱炎
精巣上体炎
尿路結石
尿路感染症
性感染症(STD)の対応が可能です。
----------------------------------------


【患者様に多く見受けられる症状・お悩み】
尿が出にくい・出ない・おしっこの線が細い・尿に勢いが無い・尿に血が混じる・おしっこが近い・回数が多い・おしっこに時間がかかる・夜間、何度もおしっこに起きる・尿が残っている感じがする・尿が漏れる・足がむくむ・腰や背中が痛む・腎臓の辺りが痛む・尿道から膿が出た

【男性の悩み】
睾丸や陰嚢が腫れた・ 陰茎、陰嚢が痛む・かゆい・ 亀頭、包皮に水疱やイボができた・ PSA(前立腺特異抗原)値が高いと言われた・ 男性更年期障害のような気がする・ 勃起力が低下した
など

禁煙外来

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。
当院ではあなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過を見守ってまいります。
禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、診察でご相談いただくことで、うまく続けていくことができます。

ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

その条件は、以下の4つです。

 1:ニコチン依存症の判定テストが5点以上
 2:35歳以上の者については、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数が200以上であるものであること。
3:ただちに禁煙を始めたいと思っている
4:禁煙治療を受けることを文書で同意している

保険が適用されることで
禁煙治療にかかる費用は、実はタバコを1日1箱吸うよりもお安くなります。
これを機会に禁煙にチャレンジしてみませんか?

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われます。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。



【こんな人が危ない】

1、寝ている間・・・・
いびきをかく・ いびきが止まり・大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる・呼吸が止まる・呼吸が乱れる・息苦しさを感じる・むせる・何度も目が覚める(お手洗いに起きる)・寝汗をかく

2、起きたとき・・・・
口が渇いている・頭が痛い・熟睡感がない・すっきり起きられない・身体が重いと感じる

3、起きているとき・・・・
強い眠気がある・だるい・集中力が続かない・いつも疲労感がある

心当たりのある方は、お早めにご来院ください。


自費診療

◆AGA外来(男性型脱毛外来)
AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
進行性のため、治療せずにいると徐々に悪化していくため早めのケアが大切です。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられており、当クリニックでは、医療機関しか処方できない「飲む薄毛治療薬(プロペシア)」を使用し、薄毛症の治療を行います。
個人情報やプライバシーに配慮しながら診療を行いますので、安心してご相談ください。
【保険対象外】


◆ED外来(勃起障害外来)
EDとは、勃起機能の低下の事で、英文のErectile Dysfunctionの頭文字をとっています。この勃起機能障害は原因としては高血圧や糖尿病がありますが、年齢的でも、また精神的なストレスでも男性なら誰にでも起こりえる病気です。

具体的には
・勃起の硬さが弱くなった
・勃起が短時間で萎えてしまう
・一度萎えると再勃起が難しい
・全く勃起しない

当院では、診断のうえ、治療薬の処方などの方法でED治療をおこないます。
【保険対象外】


◆にんにく注射
その名のとおり、軽くにんにくの匂いがする注射です。
主成分はビタミンB1で、体内でエネルギーを作るために必要であるとともに、疲労物質の除去にも必要な成分です。
このビタミンB1などのビタミンを血管注射することによって、速やかに血中濃度を上昇させ、効果的な疲労回復が見込める治療法です。

肉体労働のあと・病み上がり・夏バテ・日常的に疲れを感じる時、などにご利用ください。
【保険対象外】

土日診療の内科・皮膚科「高田馬場」 
高田馬場 内科・皮膚科クリニック

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-18-20